Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/androidk/gadgelogger.com/public_html/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

Warning: file_get_contents(https://gudgerog.com/wp-content/uploads/2020/02/名称未設定-1.png): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/androidk/gadgelogger.com/public_html/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

古いiOS端末を脱獄して即席ネットワークオーディオ環境構築

今回はこのひどい状態のiPodtouch4世代をいかに再利用しようかと検討した結果
こいつをAirplay受信機にしてネットワークオーディオを構築しようと思いついた為記事にしてみた。

基本ネットワークオーディオとかはRaspberryPie×Volumioが主流だが、この方法だと手軽にできるので紹介していく

用意するもの

  •  脱獄済みのiOS端末(脱獄方法は各自で調べて)
  • そこらへんに転がってるコンポ等など
  • AUXのオーディオケーブル
  • Airplay受信機にするアプリ

やり方

1.「Airfloat」をインストール

まず脱獄してる人たちの御用達ストアCydiaから「Airfloat」と検索しよう。
そうすると下記のような画像のアプリが出てくると思うので、それをダウンロードしインストール

インストールを押すと処理が始まり

無事にインストールが終わるとホーム画面に「Airfloat」が追加されているはずだ。

2.AirFloatを開いてiOS端末をAirplay受信機状態にする

やり方はとても簡単
アプリを開くとこのような画面になる
そしたらもう脱獄端末側の操作は終わりだ。
ちなみに脱獄端末側と接続したい端末は同一ネットワークにつなげておこう。

3.他のiOS端末からAirplayでつなげる

次に他の端末からAirplayの接続画面を開いてみると、画像のようにAirFloatが表示されているのでそれをタッチしてみよう。

そうするとAirfloatを入れた脱獄端末側から音楽が再生されるはずだ。
勿論アルバムアートや歌手名の表示/曲送り等なども対応している。
あとはAUXオーディオケーブルを使ってコンポに繋げれば即席ネットワークオーディオ環境ができるってわけだ。

▷「誤字脱字」や「表記ミス」を報告する