Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/androidk/gadgelogger.com/public_html/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

Warning: file_get_contents(https://gudgerog.com/wp-content/uploads/2020/02/名称未設定-1.png): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/androidk/gadgelogger.com/public_html/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

Amazonの激安商品は気をつけろ

…お?11円で買えるスマホ!?
面白そうやん買ったろwwww

とノリで買う人へ
….これ実はめっちゃ危なかったりする…
今回はこのような商品を買うとどうなるかまとめて行きたいと思う。

まずなんでこんな激安商品があるのか

上記のような激安スマホや商品などは大抵、Amazonの”マーケットプレイス”と呼ばれるシステムで出品されている。
マーケットプレイスとはAmazon以外の企業や個人が出品できるシステムのことだ。

つまりこのような商品はAmazon側ではなく出品している側がこのようなシステムを使い、激安な値段で出品をしているってことになる。

買ったらどうなる

まず買っても家に届かない事がほとんどだ。
またステータスが”発送””になったとしても家に届かなかったり、あるいは購入した後にキャンセルされたり、ショップごとが消える事が多い。

出品者の本当の狙いは

またこのような激安な値段で出品している輩はお金よりも「購入者の個人情報を収取」することを目的としている。

システムの特性上、悪意ある出品者から商品を購入すると購入者の個人情報が出品者に見られてしまう。
個人情報って裏社会では高く売られているので、もしかしたら商品の購入後に迷惑メールや電話などがかかってきたり
あるいは最悪な場合だと悪意あるショップに購入者の個人情報が登録されてわやくそな事になってしまうケースもある。

対策方法

大抵このような怪しい出品者のページを見れば捨て垢用の新しいアカウントで作られており、ある程度は判別ができる。

「怪しい出品者なんかどうせ出品者ページを見て評価が高ければ大丈夫やろw」って思うかも知れないが、これがまた巧妙だ。
評価の高いアカウントを不正に乗っ取り、そのアカウントで販売しているケースもある。
だから評価が高いから安全ってわけでもないわけだ。

なので結論からいうと

激安すぎる商品には手をだすな

流石にスマホが11円とか普通の人は絶対疑うと思うし、ちょっとでも怪しいな…と思った商品は積極的に避ければこのようなトラブルは回避できる。

またサクラチェッカーレビュー探偵など危険な商品を識別してくれるサービスも出ていたりする。
少しでも不安があるならこのようなサービスを使ってみるのもありだろう。
(筆者はChromeの拡張機能に追加できるレビュー探偵を推奨する)

まとめ

最近Amazonは安心ではない通販サイトになりつつあるような気がする。
この問題も結構前から言われていたが未だに対策がされていない。
サクラや詐欺商品・個人情報収集目的商品等…これらの問題が見過ごされている気がしてならない…

一刻もAmazonはこのような現状を受け止め一刻も早く改善させるべきだと思う。

▷「誤字脱字」や「表記ミス」を報告する